吉方位

吉方位の取り方

吉方位を使って幸運をつかむ方法

 

古来「吉凶は動より生ずる」と言われており「祐気取り」といいますが、自分自身が吉方位を利用することによって幸運を授かることが知られています。

 

吉方位

プロはこのような専用の磁石を使って祐気取りを行います。(沙羅天秋所蔵)

 

吉方位を使うとその後しばらくしてから願望を成就させることができるといわれています。具体的な方法については、長くなるので別のページにてご紹介する予定ですので、いましばらくお待ちください。

 

カルトゥーシュカード 

吉方位の使い方

吉方位を使う具体的な方法は次のようになります。

 

気学では祐気取りなどともいいます。

 

■移転する方法

 

500メートル以上離れた吉方位に引越しや旅行などします。

 

■土砂を撒く方法

 

500メートル以上離れた吉方位の清浄な土地から土砂をいただいき自宅の敷地や周囲に撒きます。

 

■お水取り

 

土砂のかわりにお水を汲んできて飲んだり、自宅の敷地に撒きます。自分が信仰している吉方位の寺社からお水をいただいて開運や病気平癒の祈願をする人もいます。

 

■玉埋め

 

「遁甲玉埋め」ともいいいます。一説には江戸城もこの方法により守られていた、といわれていますが定かではありません。ある大きさの金属の玉をやはり500メートル以上離れた吉方位に埋めてきます。

 

かつて遁甲用の玉が占いショップなどで市販されていましたが、探せば今でもあると思います。この方法の応用では「杭」を打つ方法、木にクギを打ちつける方法などがあります。中国の風水では流派により「羅盤」そのものを埋める方法もあります。

 

■穴掘り

 

吉方位に一尺五寸の穴を掘ってきます。何も埋めません。掘るだけです。

 

■買い物

 

何か品物を買ってくる方法があります。ただし火を使っていないものに限ります。野菜や果物などがよいとされています。

スポンサーリンク