四柱推命について

四柱推命とは

 

四柱推命は捉えどころのない宇宙の森羅万象を「陰陽五行」という考え方で捉えると理解ししやすくなるという陰陽五行の古代中国の思想がもとになっています。現在行われている四柱推命の考え方や鑑定方法は中国の宋時代に書かれた「淵海子平」(えんかいしへい)という書物が元になっているといわれています。

 

四柱推命は生年月日と生時(うまれた時間)を使いますが、生年月日だけでも詳しくわかり、的中率が非常に高いことで有名な鑑定方法です。

 

「五行説(相生、相こく)

 

五行(パワー)とは宇宙を休みなく活動させている五つのエネルギーの働きのことです。古代中国の賢者はこの世界には五種類のエネルギーがあって絶えず循環していることを発見しました。

 

木、火、土、金、水がそれです。木は火を生み出すために自分自身が燃焼して火に力を与えるという宿命をもっています。しかし、いつも自分が与えるばかりではやがてエネルギーは枯渇してしまいますので、自分も水から養分のエネルギーをもらえるという権利をもっています。

 

同様に火は土に、土は金に、金は水にという具合にエネルギーを与えたり、もらったりして結局この五つのエネルギーは循環しているわけです。

 

このように自然に循環して発展するバランスのとれた関係を相生(そうしょう)といいます。ところが、木には金という天敵がおりまして、この金に出会うと、木は金にエネルギーを奪われる宿命になっています。

 

木が火にエネルギーを与えるとき火はそれによって土を生み出すことができますが、金が木のエネルギーを奪うということは木は自分のエネルギーを消耗するだけで火に力を与えることができないので、結局は発展できません。

 

同様に木は土を、土は水を、水は火を、火は金をという具合に相手のエネルギーを宿命的に奪います。このようにお互いが出会ってもエネルギーを削りあうだけの関係を相こく(そうこく)といいます。ただし絶対的に相生は吉、相こくは凶というふうに決まっているわけではありません。

 

四柱推命では場合によっては相こくした方が吉となることもあるからです。以上が簡単な五行説の相生と相こくに関するわたしなりの説明ですが、これは四柱推命の根本となる考え方ですからとくに重要です。」

 

四柱推命が生年月日で運命を鑑定することができるのは生年月日というデータをいったん五行に変換するからです。

 

ではなぜ生年月日なのかと申しますと、あらゆる事物はこの世に誕生したときその瞬間のエネルギーの影響を一番受けるからです。これは西洋占星術とほとんど同じ考え方です。

 

ただ西洋占星術の場合は生まれた時の天体の位置で運命を調べるのに対して四柱推命では生まれた時の五行(エネルギー)がどのようになっていたかを調べ、そのデータを基礎にして毎年、毎月、毎時の運命を詳しくみていくわけです。

 

この世界は目に見える物質的なものと目には見えない精神的なものの両方で成り立っています。肉眼でみえるものはコントロールしやすく人間の心や運気などというものは普通は捉えにくいのでコントロールするのは難しいです。ですが四柱推命を使えば運気というものを把握することがある程度まで容易にできます。

 

運気には大運、年運、月運、日運がありますが、とくに重要なのは大運です。大運とは簡単にいうとある年齢を基点として10年ごとに変化していく運気のことです。大は小を兼ねるといいますが、いくら今年一年の運がもの凄く良くても大運が空亡(注1)ですとこの影響で平運になる可能性が大変高いです。注1:六星占術でいう宿命大殺界に近い

 

これは大運の空亡にひきずられてしまうからです。でも運命学では平運でバランスがとれている状態つまり平穏無事なことを最上としますからこれはこれで結構な運勢だと思います。

 

人生を計画的、戦略的に送りたい方はこの大運を知ることが成功への羅針盤となります。未来の自分にどういうことが起こりうるのかあらかじめ予知できるからです。この場合の予知とは「この時期は、このようなことが起こるかも知れませんよ」という意味です。

スポンサーリンク