地球の悲鳴と風水術

 

地球の悲鳴と風水術

 

風水は、わかりやすく言えば生活環境を
整える方法です。

 

人は環境が整ってこそ能力を発揮できるものです。

 

例えば、学校の勉強や会社の仕事を自宅に持ち帰っても、
はかどらなかった経験のある方は多いと思います。

 

学校や職場は勉強や仕事に集中する環境が
整っていますが

 

自宅は、くつろぐ場所としてテレビやベッドなどが
置いてあるため集中して仕事や勉強をするのに
適していません。

 

そこで夏休みの宿題を図書館に持ち込ん
だり会社以外にカフェで仕事をする人が
多いのです。

 

このように環境を整えることは非常に重要
なことなので、

 

風水ブームも手伝って部屋をきれいに
する人(とくに女性)が増えてきており、
結構なことですが、

 

「木を見て森をみず」というように
身近な環境のことだけ考え

 

地球環境を考える人は少ないようです。

 

はっきり、言いますと地球は積年の
環境破壊によって限界にきています。

 

わかりやすいのは連日の猛暑。

 

この異常な暑さの原因は地球が温室効果
すなわち巨大なガス状の膜に覆われ

 

温室のようになり世界中の気温が
上昇したためです。

 

車の排気ガス、家畜からでるメタンガス、
エアコンの熱エネルギー工場の排出物など

 

さまざまなものが複合して地球の
周囲を巨大な幕が覆っているのです。

 

しかし、この環境問題を追求すると結局、
経済活動の縮小などの問題に発展する
おそれがあるため大企業傘下である
マスメディアは絶対に取り上げません。

 

そしてマスメディアが言わないので
一般の人も地球が、たいへんなことに
なっていることに気がつきません。

 

日々楽しいことを追いかけ、すてきな
未来がくると信じて生活しています。

 

しかし、地球がおかしくなっているので
その影響で世の中は着実におかしく
なってきているのです。

 

戦争の兆し、地震の兆し、津波、大型台風
豪雨、危険な生物、凶悪犯罪、モラルの低下

 

わたしの若いころには、ほとんどなかった
ような問題が現代社会では数多く噴出して
いるのです。

 

これから風水について学んだり実践していく
方は、今の地球環境についても正しい認識
が必要です。

 

このことは風水術の信奉者の多い香港で
今年、デモ隊による破壊活動などが

起きていることからわかるとおり、

 

最早、香港の風水師の力では、
どうすることもできないということ、

 

すなわち風水効果が得られにくい状況に
なってきているので

 

今後は風水で願望達成など過大な期待は
なるべく控えるほうが無難だといういことです。

 

現代の私たちは風水術によって、
個人のできる範囲で気の流れをよくして

 

少しでも自分自身の心身を整えるということ
を目指していくべきでしょう。

スポンサーリンク