横浜 占い専科 沙羅天秋の幸せを呼ぶ鑑定

日の吉凶がわかる六曜占い

 

よくカレンダーで見かける六曜占いは平安時代に中国から日本に伝わりました。
この占いは三国志の諸葛孔明の作という言い伝えがあります。

 

ただし日の吉凶は個人の持つ星ほど影響力はないようです。

六曜の意味

 

先勝:先(午前中)に行うと勝つ日 

 

友引:善悪ともに長びく。葬式などを避けたほうがよい。

 

先負け:先に行うと負ける。午後は吉。

 

仏滅:何をしても負ける。中国では「空亡」という。

 

大安:すべてにおいて良き日。

 

赤口:早朝と夕方以外は吉。

陰陽五行入門

姓名判断入門

スピリチュアル入門

運勢と占法記事一覧

九星気学九星気学(風水)は江戸幕府を開いた徳川家康公を、陰で支えていたといわれる天海大僧正が学び伝えた秘術です。現在の皇居である江戸城の築城や江戸の街づくりにも風水(九星気学)が使われているといわれています。近代日本が天災や戦争など幾多の困難に遭いながらも繁栄を続けているのは、先人が生活の中に九星気学の法則を取り入れていたためと言われています。もくじ生まれ星(本命星)で簡単に性格や相性をみる方法九...

スポンサーリンク

page top